月別情報一覧

2018年 [8]
2017年 [12]
2016年 [7]
2015年 [15]
2014年 [9]
2013年 [5]
2012年 [12]
2011年 [3]
2010年 [1]
 

 平成30年6月28日(木)から29日(金)、岐阜県下呂市にて開催された「第56回日本セラミックス協会東海若手セラミスト懇話会 2018年 夏期セミナー」において、修士課程2年応用化学コース(指導教員:上野慎太郎准教授)の服部優哉さんが同会の「優秀発表賞」を受賞しました。

 本賞は優秀な発表を行った学生に授与され、その功績を称えるとともに研究の発展を奨励するものです。

東海若セラ受賞(服部).jpg

 受賞対象となった研究題目は「ペロブスカイト型絶縁体/導電体酸化物コア-シェルナノ粒子の合成と大容量複合キャパシタへの応用」で、高い静電容量と絶縁破壊電圧を持つ複合キャパシタの実現のため、導電体酸化物粒子が絶縁体酸化物粒子によりエピタキシャルに完全被覆されたナノ粒子の合成法を確立しました。今後このナノ粒子を集積することで、キャパシタ材料としての応用が可能になります。

 受賞した服部さんは、「この度は優秀発表賞を受賞することができ、大変光栄に思います。ご指導していただいた和田智志教授、上野慎太郎准教授、藤井一郎助教をはじめ、本研究に協力していただいた関係者の方々に深く御礼申し上げます。今後もこの賞を励みに研究活動に邁進したいと思います。」と述べています。

 

 和田智志 教授がIEEE UFFC学会の2018年Ferroelectrics Recognition Awardを受賞し、平成30年5月27日(日)~6月1日(金)、広島国際会議場(広島県広島市)で開催された強誘電体に関する国際会議「2018 ISAF-FMA-AMEC-PFM Joint Conference」において表彰されました。

 この賞は、世界最大の電気電子工学会であるIEEEの誘電体部門であるIEEE UFFCが、強誘電体分野において顕著な業績を挙げた研究者を表彰するものです。

 和田教授の受賞は、高誘電率、および高圧電特性材料のマルチスケールエンジニアリングにおける長年にわたる継続的な研究に対して贈られたもので、将来の高性能電子材料の応用が期待されます。

 和田教授は、「このような賞をいただいたことは望外の喜びであり、これまで共に研究に携ってきた学内外の多くの研究者のご支援、学生諸氏のご協力の賜物であると考えています。今後更に精進し、必ず世の中に貢献できる実用材料を開発したい。」とコメントしています。

参考資料

受賞プレート英文表記

IEEE Ultrasonic, Ferroelectrics, and Frequency Control Society

2018 Ferroelectric Recognition Award

is presented to Satoshi Wada

for his enduring work on multi-scale engineering of high permittivity and/or high strain materials

Nazanin Bassiri Gharb

President, UFFC-S

和田先生受賞_150615.jpg

 

 平成30年5月28日にベルクラシック甲府で開催された第23回(H30)山梨科学アカデミー賞・奨励賞授賞式において、本科の植田郁生助教(写真一番右)が「山梨科学アカデミー奨励賞」を受賞しました。

 山梨科学アカデミーは、山梨県の科学の発展に寄与することを目的に設立された公益社団法人です。山梨科学アカデミー奨励賞は学術研究、技術開発及び教育等の分野において優れた成果を収め将来を嘱望される、山梨県に関わりを有する個人又はグループに送られる賞です。

 受賞題目は「揮発性有機化合物捕集デバイスの開発」です。本研究は植田助教が進めてきた、大気中および水中の揮発性有機化合物を高感度かつ簡便に分析するための、捕集デバイスの開発に関する研究成果であり、これまでの研究業績が評価されて受賞にいたりました。

 受賞した植田助教は、「栄えある賞を受賞することができ、山梨県で研究活動を行なう若手研究者として、この上ない光栄です。今後も、本受賞を励みに研究活動に精進し、山梨県から科学(化学)に関する最新の研究成果を発信していきたいと思います。」と述べています。

H30山梨科学アカデミー授賞式写真_180529.jpg

先週に引き続き、本学科の上野慎太郎准教授が517日のFM富士 山梨大学FUTURE SEEDに出演し、応用化学科でおこなわれているものづくりゼミなどの特色ある教育や独創的な研究の紹介、さらにお寄せ頂いた質問への回答などを行いました。

放送内容は以下のFM富士 山梨大学FUTURE SEEDのブログから視聴できます。

http://fmftp.lekumo.biz/good/6_futureseed/

本学科の上野慎太郎准教授が510日のFM富士 山梨大学FUTURE SEEDに出演し、応用化学科でおこなわれている教育や研究の紹介を行いました。

放送内容は以下のFM富士 山梨大学FUTURE SEEDのブログから視聴できます。

http://fmftp.lekumo.biz/good/6_futureseed/
517日にも出演しますのでお楽しみに。

平成30年4月14日~15日に山梨県立八ヶ岳少年自然の家において、平成30年度応用化学科新入生のオリエンテーションを実施しました。学生と教員の自己紹介や懇親会、グループワークを通してお互いの親睦を深めました。

 

 

photo_H30orientation.jpg

化学グランプリ2018参加申し込みが始まりました。

化学グランプリは、日本全国の高校生以下の皆さんの化学の実力を競い合う場として1999年より毎年開催されており、今年も7月16日(月・祝日)の海の日に、山梨大学をはじめとする全国の会場で一次選考(マークシート式試験)が実施されます。

高校生以下の誰でも参加でき、費用は無料です。(一次選考会場への交通費のみ自己負担。)化学に興味のある生徒さんは、ぜひチャレンジしてください。

なお、山梨大学工学部応用化学科AO入試では、出願にあたって高校在学中に参加した化学グランプリの一次選考の成績を示すものを提出することが必須となります。

アドミッションオフィス入試の選抜方法を平成31年度の入試において変更します。正式には募集要項にてお知らせしますが、予告にて案内していますのでご覧ください。

 

 平成29年11月21日(火)から24日(金)、韓国・済州島にて開催された「The 4th International Conference on Advanced Electromaterials (ICAE 2017)」において、修士課程2年応用化学コース(指導教員:和田智志教授)の松本 健さんが「Best Poster Award」を受賞しました。

 本賞は、優秀なポスター発表を行った研究者に授与され、その功績を称えるとともに研究の発展を奨励するものです。

IMG_Matsumoto.jpg

 受賞対象となった研究題目は「Piezoelectric Properties of Strained Barium Titanate/Bismuth-based Perovskite Nanocomposite Ceramics Prepared by Solvothermal Solidification Method」です。非鉛圧電材料では人工的に歪を導入することで圧電特性が向上することが知られており、本研究では様々なBi系ペロブスカイト型酸化物強誘電体多孔セラミックスの表面に、チタン酸バリウムを低温の溶液法によってエピタキシャル成長させて作製した複合セラミックスについて、界面における格子歪と圧電特性の関係を系統的に調査しました。この成果は今後、高性能非鉛圧電材料の開発に繋がると期待されています。

 受賞した松本さんは、「このたびは、Best Poster Awardという名誉ある賞を頂き、大変光栄に思っております。このような賞を頂けたのも、研究室の皆様、研究に携わって頂いた皆様のおかげだと感謝しております。今回の受賞を励みに、今後も研究活動に邁進していきます。」と述べています。

 
 

 

写真(工藤一希).jpgのサムネイル画像

 平成29年9月5日(火)から8日(金)、福岡国際会議場(福岡県福岡市)で開催された第78回応用物理学会秋季学術講演会において、大学院修士課程1年(工学専攻応用化学コース)の工藤一希さん(指導教員:奥崎秀典教授)が「第42回応用物理学会講演奨励賞」の表彰を受け、同学会にて受賞講演を行いました。

 本賞は、優秀な発表を行った若手研究者に授与され、その功績を称えるとともにさらなる研究の発展を奨励するもので、平成29年3月14日(火)から17日(金)、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催された第64回応用物理学会春季学術講演会において、申請があった746件の発表者の中から38名が受賞しました。

 受賞テーマは「新規自己ドープ型導電性高分子の合成と電気特性」で、溶媒に完全に溶解する自己ドープ型導電性高分子を合成するとともに、これまで困難だった高導電化に初めて成功しました。研究の新規性や成果のインパクト、質疑応答の内容が評価されての受賞となりました。

 受賞した工藤さんは、「この度はこのような名誉ある賞をいただき大変光栄です。指導教員である奥崎教授をはじめ、共に研究を進め切磋琢磨してきた研究室のメンバーには深く感謝しています。この賞を励みとして今後はより一層の努力を重ね研究に取り組んでいきます。」と述べています。