月別情報一覧

2020年 [5]
2019年 [12]
2018年 [13]
2017年 [12]
2016年 [7]
2015年 [15]
2014年 [9]
2013年 [5]
2012年 [12]
2011年 [3]
2010年 [1]

藤井一郎 助教がEdward C. Henry Awardを受賞

Edward C Henry Award

2020年10月5日に工学部応用化学科の藤井一郎助教らがアメリカセラミックス協会電子材料部門よりEdward C. Henry Awardを受賞しました。

同賞は2019年にアメリカセラミックス協会の論文誌「Journal of the American Ceramic Society」または「Bulletin」に掲載された電子セラミックスに関する論文の中から同協会の電子材料部門により選出された最も優れた論文に贈られる賞です。

受賞した論文のタイトルは「Fabrication of 0.24Pb(In1/2Nb1/2)O3-0.42Pb(Mg1/3Nb2/3)O3-0.34PbTiO3 transparent ceramics by conventional sintering technique」です。電気特性の熱安定性に優れた強誘電体セラミックスの透明化について報告した論文で、本研究成果の高速光通信や光デバイスなどへの応用が期待されます。

 藤井助教は、「このような名誉ある賞を受賞でき、光栄に思います。本研究に協力いただいた方々に感謝いたします。今後も電子セラミックスの研究に邁進します」とコメントしています。

 

アメリカセラミックス協会HP: https://ceramics.org/awards/edward-c-henry-award

論文HP: https://doi.org/10.1111/jace.15965

山梨大学工学部応用化学科の藤井一郎助教、上野慎太郎准教授、和田智志教授(東京工業大学元素戦略研究センター特定教授兼任)と広島大学の黒岩芳弘教授の研究グループ、九州大学の佐藤幸生准教授からなる共同研究グループは、結晶系が立方晶系に見えるにもかかわらず、優れた強誘電性と圧電性を示すセラミック材料の合成に成功し、大型放射光実験施設SPring-8でのX線回折実験により、機能発現のメカニズムを解明しました。

大学プレスリリースはこちら

一般に、結晶系が立方晶系に帰属する物質が強誘電性を示すことは結晶学的にあり得ません。したがって、そのような物質が優れた圧電性をもつことも期待できません。しかし、チタン酸バリウム(BaTiO3)、マグネシウムチタン酸ビスマス(Bi(Mg0.5Ti0.5)O3)、ビスマスフェライト(BiFeO3)を固溶させてセラミック材料を合成したところ、結晶系が立方晶系に見えるにもかかわらず、優れた強誘電性を示すことを発見しました。現在主流の圧電材料であるチタン酸ジルコン酸鉛(Pb(Zr, Ti)O3)は毒性をもつため代替が望まれていますが、今回毒性をもたない圧電材料が、優れた性能を示すメカニズムが解明されたことで、今後安心して使える圧電材料が身の回りに登場するかもしれません。

 wada labBT-BMT-BF

 本研究成果は、英国の学術出版社であるシュプリンガー・ネイチャーがオープンアクセス・ポートフォリオを拡大するために2020年に創刊した材料系のネイチャー・リサーチ・ジャーナル「Communications Materials」のオンライン版に2020年10月6日付で掲載されました。

https://www.nature.com/articles/s43246-020-00072-4

 

 また、令和2年10月14日付の山梨日日新聞の日刊にも、本成果についての記事が掲載されました。

https://www.sannichi.co.jp/article/2020/10/14/00453032

化学グランプリ2020の開催指針が公表されました。

化学グランプリは、日本全国の高校生以下の皆さんの化学の実力を競い合う場として1999年より毎年開催されております。2020年度はコロナウイルス感染の収束が見通せないため、WEBでのリモート試験という形式をとり、一次選考が10月25日(13時30分~16時)に実施されることに決まりました。(参加申し込み受付期間:9月1日0時~9月30日23時59分)

高校生以下の誰でも参加することができ、費用は無料です(受験に必要なネット環境(機器を含む)等については、後日発表されます)。化学に興味のある生徒さんは、ぜひチャレンジしてください。

なお、山梨大学工学部応用化学科 ”総合型選抜 I 試験”では、学力評価として化学グランプリの一次選考の成績を利用できることになっていますが、日程の関係で化学グランプリ2020 一次選考の成績は利用できませんのでご注意ください。

ただし”総合型選抜 I 試験”自体は、学力評価として 1) 化学グランプリ2019以前の一次選考の成績、2) 化学グランプリを未受験の場合は「化学に関する口頭試問」、このいずれか(あるいは両方)を選択することで受験可能です。本年度の化学グランプリ2020の受験は必須ではありませんので、ぜひ受験をご検討ください(詳細は入試情報を確認してください)。

本学工学部が主催する「山梨大学Webオープンキャンパス」のページが公開されました。受験生をはじめとする大学生活に興味を持つ生徒の皆さん、また保護者の方や学校の教職員の方向けに、本学工学部の特色や魅力、受験情報などをお届けします。

また本学応用化学科のイベントの参加予約も、こちらのページから行えるようになります。下記URLより是非アクセスしてください。

webopencampus.png

https://www.yamanashi.ac.jp/web-opencampus

本学応用化学科の奥崎秀典教授によって開発された可溶で平滑性を持つ新規自己ドープ型導電性材料を応用して,東ソーが車載コンデンサー用材料の事業に参入するという記事が化学工業日報1面に掲載されました
(2020年1月15
日).※記事のクリックで拡大が出ます。

okuzaki_sennsei_NP.jpg

一日体験化学教室

 

 令和元年12月22日(日)に一日体験化学教室を開催します。テーマと募集人数、応募方法については左のリンク(またはトップページのバナー)先をご覧ください。

 令和元年9月25日(水)から27日(金)に福井大学文京キャンパス(福井県福井市)で開催された第68回高分子討論会において、鈴木章泰工学部教授が2019年度高分子学会三菱ケミカル賞を受賞しました。

 本賞は、高分子科学に基礎をおき、技術、産業に寄与する独創的かつ優れた研究業績を挙げた研究者に授与されます。

 受賞題目は「炭酸ガスレーザー超音速延伸法によるナノファイバーの創製」です。炭酸ガスレーザーを用いた新規なナノファイバー作製法を確立し、ナノファイバー化のメカニズムを明らかにし、さらに、本方法が実用化可能であることを示したことが高く評価されての受賞となりました。

 受賞した鈴木教授は、「共に研究を進めた多くの学生諸君に心より感謝します。今後は、この研究成果を社会に還元するために、研究をさらに発展させたいと思います」とコメントしています。

suzuki_sensei_award.png

本学応用化学科の奥崎秀典教授が「夢ナビライブ2019」に登場しました。
夢ナビライブ『ソフトなロボットが未来を動かす!』は以下のURLでご覧いただけます。
https://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g009443&ProId=WNF001&SerKbn=e&SearchMod=10&Page=1

夢ナビ.jpg

 

 令和元年6月7日に都内で開催された公益社団法人日本セラミックス協会・名誉会員推戴式、表彰式において、応用化学科の上野慎太郎准教授が「第73回(2018年度) 日本セラミックス協会 進歩賞」を受賞しました。「日本セラミックス協会 進歩賞」は、39歳以下のセラミックス研究に従事する研究者を対象として、セラミックスの科学・技術に関する学術上優秀な研究業績が認められた人物に授与されます。以下は上野准教授のコメントです。

 私の研究室では色々な機能を持つ金属酸化物(セラミックス)のナノ粒子、あるいは複数の材料を組み合わせた複合セラミックス粒子の合成を行っています。セラミックス材料を合成するには色々な方法がありますが、溶液法という金属イオンの溶液から低温で金属酸化物結晶を育てる方法では、結晶粒のサイズをナノ領域に留め、結晶粒の”カタチ”も操ることができます(写真参照)。このナノサイズ化や形状の制御、あるいは複合化によって、材料に新しい機能を付与したり、機能を向上させることもできます。

 今回受賞の対象となったのは、「高性能キャパシタのための金属/絶縁体複合セラミックスの創成」に関する一連の研究で、電子機器には必ず搭載されているセラミックコンデンサの高性能化を目的として、「熱に弱い卑金属」と「絶縁体セラミックス」から構成される複合コンデンサを溶液から作製する方法を確立しました。この成果では、通常1000℃前後の高温熱処理が必要になるプロセスを300℃以下の低温プロセスに置き換えることで卑金属との組み合わせが可能となり、溶液中の化学反応を巧みに利用してユニークな構造を作り込み、非常に高い比誘電率を示す複合キャパシタが作製できることを実証しました(写真参照)。耐熱性の低い材料とセラミックスとを複合化することができる本手法は、様々な応用展開が期待されます。

 “大学を目指す高校生の皆さん”、高校生の無機化学の勉強は味気なく感じるかも知れません。しかし、その先にある無機化学を利用した材料開発は、エネルギー、情報、環境、福祉などに関連する人類にとっても重要なわくわくする世界に繋がっています。無機材料であるセラミックスも、研究をしていると次々に不思議なことが起きたり、新しい発見があり魅力的な材料です。もし一緒に研究する機会があれば、この不思議で魅力的な材料に挑戦しましょう。

 最後に、この度は「日本セラミックス協会 進歩賞」という大変栄誉ある賞をいただき,誠に光栄に存じます。これからも新しいセラミックス材料開発に尽力していく所存です。また本研究を推進するにあたりまして、多くの方々にご支援、ご協力を賜りました。ご関係者の皆様にはこの場をお借り致しまして、深く御礼申し上げます。

 関連HP:http://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~sueno/index.htmlhttp://www.ccn.yamanashi.ac.jp/~swada/lab/index.html

 Dr. Shintaro Ueno, an associate professor of Department of Applied Chemistry received the 73rd CerSJ (The Ceramic Society of Japan) Awards for advancements in ceramic science and technology on June 7th, 2019.

 The CerSJ Awards is presented to individuals in recognition of their contributions to the progress and growth of the ceramics industry, science, and technology, and their exceptional record.

 Dr. Ueno has been studying on fabrication of metal/insulator ceramics composite materials for high-performance capacitors and developed the original low-temperature process below 300oC to prepare composite ceramics containing low-heat-resistant materials. This low-temperature process would find wide variety of applications in development of composite ceramic materials.

award-01.jpgのサムネイル画像

nanoparticle-01.jpg

condenser-01.jpg

令和元年4月13日~14日に八ヶ岳自然の家において、令和元年度応用化学科新入生のオリエンテーションを実施しました。学生と教員の自己紹介や懇親会、グループワークを通してお互いの親睦を深めました。

IMGP1145.jpg